ヨットを漕いでいる人物

釣りの醍醐味を楽しむために

釣りを好きな人はいろいろな理由で好きだったりします。ゆっくりと時間が過ぎるのを楽しむのが好きという人もいれば、沢山釣れるのが好きという人もいます。ですが、釣りをするすべての人が好きなのはやはり魚との駆け引きでしょう。

釣りをしている男性のイラスト

注意するポイントを知ろう

魚釣りをする上で楽しいことは非常に多いですが、そうした楽しさは安全性の上に成り立つものです。ですから、魚釣りを楽しむうえでの注意点を適切に把握するようにしておきましょう。

船

色々な種類を楽しめる

釣りの種類は一つだけではありません。釣りをする場所によって、魚の種類や仕掛けの種類は変わりますし、同じ場所であっても狙う魚の種類によって仕掛けなどを変える必要があるので、非常に奥が深い楽しみとなっているのです。

釣りをしている男性

記事一覧

「鯛ラバを楽しむならジギングや釣りについてまずは調べてみよう」の記事一覧です。

皆が好きなターゲット

釣り人のシルエット

大阪や明石を中心にして釣りを楽しむ釣り人から長年愛され、いまだ人気のターゲットと言えばやはり鯛でしょう。
鯛と言っても、マダイ、クロダイ、チダイなど多数あります。
そんなタイは餌釣りのターゲットだと思っている人も多いと思いますが、実はジギングで狙える魚でもあります。
ジギングと言っても、青物を狙うようなメタルジグをしゃくるようなジギングではなく、鯛ラバを使ったジギングです。
昔から行われた鯛釣りの仕掛けの竿テンヤと呼ばれる小エビを使った釣法をルアーフィッシング感覚にアレンジしたものが鯛ラバです。

鯛ラバとは、重りが一体となった針にタコのような疑似餌がついた簡単な仕掛けです。最近では、重りと針とスカート部分をばらす事ができ、その日の状況に合わせて組み合わせを変える事ができるようになっています。
鯛ラバの基本的な釣り方は、船から仕掛けを落とし、しゃくることなくただ巻き上げるだけです。このただ巻き上げるだけの釣り方でも、やはり釣れる人釣れない人が出てきます。
どんな違いがあるのでしょうか。それは、やはり鯛ラバのチョイスにあります。重りの重さや、ベッド部分、スカート部分の色の選択が重要になるわけです。
鯛はエビやカニを始め様々な餌を捕食します。釣り場の状況や、海の状態に合った鯛ラバを使わなければ鯛は反応しません。海中の様子やどんな餌を食べているかを予測し、選択した組み合わせて釣り上げる事ができれば喜びは倍増するはずです。
もちろん鯛以外にも青物やスズキなども釣れることもあるのでかなり楽しめるはずです。

現在では、この鯛ラバも大阪や明石以外にも様々な場所で楽しめるようになっていますので、大阪や明石以外の方でも気軽に楽しめるようになっているので、興味を持たれましたら一度調べてみてはいかがでしょうか。